バックナンバー

2017年

種類 タイトル 著者 巻/号
寄稿 ストレッチングの科学─ 推奨される評価方法 ─ 鈴木重行 2017 29巻/2号 48
研究報告 少年野球選手の投球障害新規発症率と関連要因 竹中裕人 2017 29巻/2号 56
研究報告 当院においてリハビリテーションを行った骨転移患者の転帰に関わる要因の検討 髙津志歩 2017 29巻/2号 63
研究報告 回復期脳卒中患者に対する認知関連行動アセスメントの評価者間信頼性の検討 菱川法和 2017 29巻/2号 69
研究報告 脳卒中片麻痺患者におけるトイレ動作の自立に対する立位バランスの影響 米持利枝 2017 29巻/2号 76
研究報告 ショートフットエクササイズによる運動介入が動的内側縦アーチ高に及ぼす影響 野嶋 治 2017 29巻/2号 81
研究報告 心臓血管外科術後患者の術後回復過程における肺活量の推移に関する記述研究 藤山裕晃 2017 29巻/2号 86
症例報告 Struthers’arcade での尺骨神経絞扼により肘内側部痛を呈した一症例 ~超音波画像診断装置を用いて~ 野中雄太 2017 29巻/2号 91
症例報告 回復期リハビリテーション病棟における重症型ギラン・バレー症候群の一例 ─下肢筋力と立位バランス能力の臨床経過に着目して─ 石川康伸 2017 29巻/2号 98
症例報告 変形性膝関節症に対するDouble level osteotomy前後の理学療法 嶋 尚哉 2017 29巻/2号 104
研究報告 大腿骨近位部骨折の手術法の違いによる術後成績について―γネイル固定と人工骨頭置換術の比較― 海老原恵理 2017 29巻/1号 3
研究報告 簡便なトーマステスト変法を用いた成長期スポーツ選手の腸腰筋柔軟性の特徴 竹中裕人 2017 29巻/1号 8
研究報告 生活期脳卒中者の自宅内の下肢装具使用に影響を及ぼす因子について‐心理面に着目して‐ 石黒正樹 2017 29巻/1号 15
研究報告 介護保険を利用する高齢心疾患患者の入院時の特徴 大田英登 2017 29巻/1号 20
研究報告 急性期脳梗塞症例に対する血栓回収療法及びt-PA静注療法後の早期リハビリテーションと機能的予後との関連 渡辺伸一 2017 29巻/1号 26
症例報告 低栄養の原因に対し多職種で介入を行うことで低栄養の再発予防ができた症例 横井菜美 2017 29巻/1号 34
症例報告 低負荷運動療法と多職種連携によりADL改善が得られた,胸膜肺全摘術を施行した悪性胸膜中皮腫の一症例 安田尚太郎 2017 29巻/1号 41

2016年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 理学療法の質 伊藤 淳 2016 28巻/2号 41
寄稿 骨格筋の再生(筋損傷や筋萎縮からの回復) 後藤勝正 2016 28巻/2号 43
研究報告 COPD患者における6分間歩行試験中のSpO2低下に影響を及ぼす因子 秋山歩夢 2016 28巻/2号 48
研究報告 ハンドヘルドダイナモメーターを用いた把持法・牽引法における股関節伸展筋力測定の絶対信頼性 宮崎雄樹 2016 28巻/2号 54
研究報告 小型3軸加速度計を用いたTimed Up and Go Testにおける動作の円滑性の検討 彦坂 潤 2016 28巻/2号 61
研究報告 回復期リハビリテーション病棟に入院した視床出血患者の歩行自立に及ぼす因子の検討 水梨史也 2016 28巻/2号 66
研究報告 ハンドヘルドダイナモメーターを用いた足関節底屈筋力測定における方法の検討 佐藤 隼 2016 28巻/2号 71
研究報告 急性期病院に併設された地域包括ケア中核センターにおける訪問リハビリテーションの現状 河合佑季 2016 28巻/2号 75
症例報告 外傷後の重度外反変形に対する人工膝関節全置換術,内側側副靭帯再建術,腸脛靭帯延長術後の理学療法の経験 竹中裕人 2016 28巻/2号 82
症例報告 仙腸靭帯由来の殿部痛を訴える症例に対し変性側弯を考慮した理学療法の一考察 上川慎太郎 2016 28巻/2号 88
症例報告 遊離型腰椎椎間板ヘルニアにおいて早期に疼痛軽快に至った1症例 石村慶太 2016 28巻/2号 93
症例報告 Pusher 症状を呈した脳卒中片麻痺患者に対する体重免荷装置を使用した理学療法の経験 足立浩孝 2016 28巻/2号 98
短報 大腿骨近位部骨折術後患者における患側への荷重量測定の信頼性の検討 重岡直基 2016 28巻/2号 102
巻頭言 目標(ゴール)設定雑感 森本和宏 2016 28巻/1号 1
寄稿 運動が高めるヒューマン・パフォーマンスと脳グリコーゲン 松井 崇 2016 28巻/1号 3
研究報告 麻痺側肩関節痛を有する脳卒中片麻痺患者の超音波画像所見及び身体機能の特徴 花山大道 2016 28巻/1号 10
研究報告 従来式TKAと低侵襲TKAにおける術後早期成績の比較 笠野甲斐 2016 28巻/1号 16
症例報告 高体脂肪率を示した17歳脳性麻痺患者に対する食事と運動併用療法の効果 神谷 猛 2016 28巻/1号 22
症例報告 数年来の痙性歩行に対して機能的電気刺激を用いて歩容改善を目指した一症例 溝脇 亮 2016 28巻/1号 27
症例報告 サッカーにおけるインステップキック時に足関節前方部痛を呈した一症例 西野雄大 2016 28巻/1号 32

2015年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 理学療法の発展 星野 茂 2015 27巻/2号 39
寄稿 高齢者の転倒回避動作とリハビリテーション 越智 亮 2015 27巻/2号 41
研究報告 ICUにおける運動療法の訓練時間の増加が臨床効果に及ぼす影響について ~専従理学療法士の増員前後における検討~ 渡辺伸一 2015 27巻/2号 48
研究報告 健常成人に対する内側広筋斜走線維のトレーニング肢位の検討 増田一太 2015 27巻/2号 54
研究報告 当院における多発性骨髄腫患者に対する理学療法の現状 神谷 猛 2015 27巻/2号 60
研究報告 少年野球選手の遠投の3 次元動作解析~ボール・リリース時の体幹と肩関節に着目して~ 三浦祐揮 2015 27巻/2号 65
研究報告 脳卒中患者における回復期リハビリテーション病棟退院後の転倒危険因子 高松泰行 2015 27巻/2号 70
症例報告 救急車で搬送された急性腰痛症例に対する理学療法の経験 山田翔太 2015 27巻/2号 75
巻頭言 「チーム力」を高めるために 細江浩典 2015 27巻/1号 1
寄稿 がんリハファーストステップ 百田貴洋 2015 27巻/1号 3
研究報告 片脚ブリッジ時における挙上側・支持側の内腹斜筋・腹横筋の観察 ~ 超音波画像診断装置を用いて~ 前沢智美 2015 27巻/1号 7
研究報告 超音波画像診断装置を用いた膝屈曲自動運動時の外側広筋の動態観察 中村 翔 2015 27巻/1号 12
研究報告 身体特性を反映したFunctional Reach Test の見積もり誤差 ─ 若年者と高齢者の比較─ 高橋智子 2015 27巻/1号 16
研究報告 歩行と比較した長坐位いざり移動の運動特性 芋川雄樹 2015 27巻/1号 20
症例報告 多発性骨髄腫症例に対する理学療法の検討 ─ 自家造血幹細胞移植に至った2 症例─ 森坂文子 2015 27巻/1号 24
症例報告 MRIを用いた脛骨近位内顆部疲労骨折の力学的考察 太田佳孝 2015 27巻/1号 32

2014年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 海外研修の経験 里中綾子 2014 26巻/2号 47
寄稿 理学療法士のための力学 ─ 応用編─ 鈴木康雄 2014 26巻/2号 49
総 説 高齢者の脳卒中と老年症候群 山下 豊 2014 26巻/2号 56
研究報告 進行期パーキンソン病患者の転倒に関係する因子の検討 ~動的立位姿勢制御に着目して~ 佐橋健斗 2014 26巻/2号 62
研究報告 非特異的腰痛の原因の検討 ─ 腰痛患者における疼痛動作と筋に対する理学療法効果の差異─ 松原崇紀 2014 26巻/2号 68
研究報告 母指屈筋腱腱鞘炎に対する装具療法,超音波療法の効果 高堂暁生 2014 26巻/2号 74
症例報告 アキレス腱断裂縫合術後症例における足趾自動運動時の Kager's fat pad の動態 太田憲一郎 2014 26巻/2号 79
症例報告 細菌性脳動脈瘤の合併が疑われた人工弁感染性心内膜炎の一例 大田英登 2014 26巻/2号 82
症例報告 痙縮を呈する脳卒中患者に対し治療的電気刺激を施行した症例 ─ 相反抑制効果による歩容改善への即時的効果について─ 渡部友宏 2014 26巻/2号 89
症例報告 頸椎の機能障害を合併した肩関節周囲炎の一症例 上川慎太郎 2014 26巻/2号 95
巻頭言 程よいゆとり 牧迫飛雄馬 2014 26巻/1号 1
寄稿 理学療法士のための力学 -基礎編- 鈴木康雄 2014 26巻/1号 3
研究報告 開胸開腹術後の歩行獲得を長期化させる因子の検 永谷元基 2014 26巻/1号 8
研究報告 脳卒中急性期の初回座位保持練習に伴う体位性低血圧がリハビリテーション経過および在院日数に及ぼす影響 渡辺伸一 2014 26巻/1号 14
研究報告 糖尿病患者の足底に加わる積算負荷量について ─ 屋内・屋外積算負荷量の比較─ 小中真由美 2014 26巻/1号 21
研究報告 オーバーヘッド競技選手における膝前十字靭帯再建術後の体幹機能について 武田和之 2014 26巻/1号 26
症例報告 臨床におけるmodified Timed Up & Go Test の試用 ─ 転倒歴,転倒恐怖感の異なる3 症例の比較─ 篠田真志 2014 26巻/1号 31
症例報告 上腕骨通顆骨折後に尺骨神経症状を呈した一症例 森戸剛史 2014 26巻/1号 35
症例報告 老人保健施設における装具の検討および作製の重要性について 柏木克友 2014 26巻/1号 38

2013年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 研究における倫理について考えてみました 野嶌 一平 2013 25巻/2号 45
総説 臨床 • 教育 •研究の基本を考える 岡西 哲夫 2013 25巻/2号 47
研究報告 誤嚥性肺炎を発症した高齢患者の嚥下機能と体幹機能の関連性 伊藤 隆人 2013 25巻/2号 52
研究報告 施設入所高齢者における座位リーチ距離の見積もり誤差 白木 春菜 2013 25巻/2号 56
症例報告 脳梗塞発症後に複合性局所疼痛症候群 type Ⅰ様の症状・徴候を呈し治療に難渋した 1症例 杉浦 紳吾 2013 25巻/2号 61
症例報告 椎間板性腰痛と椎間関節性腰痛の共存例に対し,理学療法が奏功した一症例 山田 翔太 2013 25巻/2号 68
短報 後進歩行練習が最大歩行速度に及ぼす影響 伊藤 忠 2013 25巻/2号 73
巻頭言 ジュビロ磐田, EBM と研究, そして臨床 冨田 秀仁 2013 25巻/1号 1
研究報告 荷物携帯方法の違いが歩行時の股関節に与える影響 嶋 尚哉 2013 25巻/1号 10
研究報告 片麻痺患者の部分免荷トレッドミル歩行訓練における体幹バンドの効果について 福井 真理子 2013 25巻/1号 15
研究報告 尿失禁に対する骨盤底筋訓練の効果の検証 梶原 史恵 2013 25巻/1号 19
症例報告 姿勢アライメントへの介入により、嚥下障害の改善が認められた関節リウマチ症例 渡辺 伸一 2013 25巻/1号 24
症例報告 下肢筋力訓練に着目し連続歩行距離と ADL の改善を図った慢性閉塞性肺疾患患者の経験 平岡 大輝 2013 25巻/1号 30
短報 個別・短時間(1~ 2 時間)型通所リハビリテーションへの取り組み 保月 智次 2013 25巻/1号 34

2012年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 巨人の肩の上に立つ 江西一成 2012 24巻/2号 43
総説 脳卒中患者の歩行介入についての一考察 ─ 歩行介入の戦術と運動制御・運動学習─ 倉山太一 2012 24巻/2号 45
研究報告 投球後のアイシングが肩関節に及ぼす影響 上野愛範 2012 24巻/2号 51
研究報告 ジャンプ反応時間における二重課題干渉― 若年者と高齢者の比較― 吉水久恵 2012 24巻/2号 56
研究報告 地域在住高齢者における身体機能の加齢変化と身体活動との関係 後藤亮吉 2012 24巻/2号 60
症例報告 気道熱傷に対し集中的呼吸理学療法を施行した一症例
― 病態と治療管理に沿った予防的介入―
伊藤武久 2012 24巻/2号 66
症例報告 運動負荷量・動作目標の設定に難渋した重症脳血管障害者の経験 川田尚吾 2012 24巻/2号 70
症例報告 腰痛および鼡径部痛に対し母趾の機能改善が有効であった一例 稲葉将史 2012 24巻/2号 75
巻頭言 研究者の入口に立って 大鶴 直史 2012 24巻/1号 1
総説 転倒予防 —テーラーメード型の運動介入の確立に向けてー 山田 実 2012 24巻/1号 3
研究報告 立位訓練時におけるセラピストの立ち位置の調査 -経験年数の違いによる思考の相違- 石川康伸 2012 24巻/1号 8
研究報告 脳卒中患者の麻痺側肩関節の疼痛に対する三角巾を使用した夜間ポジショニングの効果 林 泰堂 2012 24巻/1号 13
研究報告 腰痛に対する超音波・電気刺激複合治療の効果 鵜飼高史 2012 24巻/1号 18
研究報告 人工膝関節全置換術患者の心理状態が関節可動域獲得に及ぼす影響 坂本梨香 2012 24巻/1号 23
研究報告 健康増進教室が高齢者の防衛体力に及ぼす影響 ―唾液中のストレス指標を用いて― 加藤真弓 2012 24巻/1号 28
症例報告 前方への重心移動が困難であった円背片麻痺症例 中村明日香 2012 24巻/1号 32
短報 ハイヒール着用時に起きる自覚的愁訴によるアンケート調査報告 伊藤 忠 2012 24巻/1号 36

2011年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 理学療法士と認知症予防 島田 裕之 2011 23巻2号 27
総説 前庭のリハビリテーション 浅井友詞 2011 23巻2号 31
研究報告 進行期パーキンソン病の動的立位姿勢制御 佐橋健斗 2011 23巻2号 42
研究報告 脳卒中片麻痺患者に対する歩行率の計測の信頼性と妥当性 瀬戸達也 2011 23巻2号 47
研究報告 認知症高齢者の認知機能改善における短期集中リハビリテーションの介入効果 長友勇人 2011 23巻2号 51
研究報告 大腿骨近位部骨折患者の術後在院日数とその他の因子 森坂文子 2011 23巻2号 56
症例報告 足関節果部骨折後に足部アライメント異常を呈した1 症例について 松川貴哉 2011 23巻2号 61
巻頭言 論文を書くと言うこと 太田  進 2011 23巻1号 1
研究報告 極低出生体重児176 例の3 歳における発達予後 神谷 猛 2011 23巻1号 5
研究報告 独居女性高齢者における居住様式の実態と転倒との関連性 井戸田学 2011 23巻1号 10
研究報告 当院の心臓リハビリテーション外来の効果についての検討 岡嶋雅史 2011 23巻1号 15
研究報告 脳卒中片麻痺患者に対する膝関節屈曲アシスト装具の効果 相本啓太 2011 23巻1号 21
巻頭言 近年の神経科学の発展とリハビリテーションへの応用 李佐知子 2011 22巻2号 163
特別寄稿 リハビリテーション医療における生化学データの捉え方 ─生活習慣病を中心に─ 高木健次 2011 22巻2号 165
総説 バランス機能と評価 星 文彦 2011 22巻2号 196
講座 薬物療法中の心疾患患者に対して理学療法を行う際の注意点 河野健一 2011 22巻2号 200
研究報告 有痛性外脛骨障害に対し足底挿板療法を行った2 症例 加藤桂介 2011 22巻2号 206
研究報告 臨床実習成果に影響を与える学生の意識に関する調査 芝寿実子 2011 22巻2号 210

2010年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 ヒトはなぜ二足歩行するのか 金井  章 2010 21巻3号 177
研究報告 腰部脊柱管狭窄症術後患者の退院時連続歩行距離に影響する因子について 大森裕介 2010 21巻3号 179
研究報告 脳卒中リハビリテーションにおけるリスク管理 ~増悪・再発の因子,下肢静脈血栓症・肺塞栓症について~ 山下 豊 2010 21巻3号 183
研究報告 閉塞性動脈硬化症における薬物療法と理学療法 牧野恵理子 2010 21巻3号 189
研究報告 股関節伸展制限が障害物跨ぎ動作に与える影響 早川友章 2010 21巻3号 194
研究報告 脳卒中片麻痺患者における下肢筋力と立ち上がり能力の日内変化について 久田友香 2010 21巻3号 200

2009年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 理学療法士であるということ 村田  淳 2009 21巻/2号 113
研究報告 接触における能動性の有無が知覚閾値に及ぼす影響 原田隆之 2009 21巻/2号 117
研究報告 地域在住高齢者における起居動作能力とIADL の関係 井戸田学 2009 21巻/2号 122
巻頭言 実感することの大切さ 江口 雅之 2009 20巻/4号 163
研究報告 健常高齢者における歩行速度グレーディングの出力調整方略 平井達也・他 2009 20巻/4号 165
研究報告 脛骨近位端開放骨折後創の感染症により創外固定のまま骨癒合を目指した一症例 早川征志・他 2009 20巻/4号 170
研究報告 外反母趾に対する屋内用足底板の有効性を示した1 症例 鈴木信介・他 2009 20巻/4号 174

2008年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 初心忘るべからず 小川 智也 2008 20巻/3号 141
総説 介護予防と理学療法 大渕修一 2008 20巻/3号 143
総説 効果的な回復期リハビリテーション病棟運営に必要なTips 永井将太・他 2008 20巻/3号 147
総説 脳卒中片麻痺患者の歩容に関する一考察 松永貴史 2008 20巻/3号 154
巻頭言 お母ちゃんPT, 頑張れ!! 宮津 真寿美 2008 20巻/2号 99
総説 下肢の障害に対する足底板療法 ─入谷式足底板─ 入谷 誠 2008 20巻/2号 102
巻頭言 NPO法人愛知県理学療法学会発足に寄せて 山下  豊 2008 19巻/4号 141
総説 理学療法士に必要な摂食機能療法の基礎知識 太田清人 2008 19巻/4号 143
総説 脳卒中片麻痺患者の下肢関節における拘縮の予防および改善の方法に関する一考察 松永貴史 2008 19巻/4号 148
研究報告 重度身体障害者の外出支援 ─施設で行う電動車椅子操作訓練と評価─ 佐野哲也 2008 19巻/4号 155

2007年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 観察することと想像すること 石田 和人 2007 19巻/3号 117
研究報告 高齢障害者における操作機種別電動車いす操作特性の検討 坂野裕洋・他 2007 19巻/3号 119
研究報告 軽度痙直型両麻痺児の日常生活動作評価 ―リハビリテーションのための子どもの能力低下評価法を用いて― 竹内 梢・他 2007 19巻/3号 124
研究報告 高齢者の膝伸展グレーディング能力 平井達也・他 2007 19巻/3号 129
研究報告 頚部固定が動的立位バランスに及ぼす影響 林 尊弘・他 2007 19巻/3号 134
巻頭言 新しい風にのって 岸川 典明 2007 19巻/2号 79
シリーズ 痛みのメカニズムと理学療法 ~痛みの可塑性と慢性痛~ 松原貴子・他 2007 19巻/2号 81
研究報告 高齢障害者における床からの立ち上がり動作と膝伸展筋力の関係 井戸田学・他 2007 19巻/2号 88
研究報告 心室性頻拍をβ遮断薬によりコントロールしリハをすすめた症例における心拍数減衰応答(T30)を用いた副交感神経活動評価の試み 山下 豊・他 2007 19巻/2号 93
研究報告 理学療法士の救命処置に対する意識の実態調査 田中宏明・他 2007 19巻/2号 97
文献抄録 高齢者の転倒リスクと転倒に対する「個別転倒予防プログラム」の効果:無作為化対照試験 2007 19巻/2号 103

2006年

種類 タイトル 著者 巻/号
巻頭言 ブルベを楽しむ 浅野昭裕 2006 18巻/3号 75
総説 運動器へのアプローチに必要な筋解剖学 河上敬介 2006 18巻/3号 77
シリーズ 痛みのメカニズムと理学療法 ~運動器の痛み~ 肥田朋子・他 2006 18巻/3号 82
研究報告 高齢者慢性腰痛患者の姿勢および腰部背筋筋力 城由起子・他 2006 18巻/3号 89
研究報告 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中片麻痺患者の転倒要因 二井俊行・他 2006 18巻/3号 94
研究報告 股関節屈曲筋力がスクワット動作時の骨盤アライメントに及ぼす影響 工藤慎太郎 2006 18巻/3号 98
研究報告 糖尿病患者に対する骨格筋電気刺激療法の試み 桑原道生・他 2006 18巻/3号 102
巻頭言 病診・病病連携について考える 森嶋 直人 2006 18巻/2号 53
シリーズ 痛みのメカニズムと理学療法 ~痛みについて理解を深めよう~ 肥田朋子・他 2006 18巻/2号 55
総説 運動学習理論と理学療法の接点 大橋ゆかり 2006 18巻/2号 63
症例報告 頸髄損傷により不全四肢麻痺を呈した一症例 本間雄飛 2006 18巻/2号 68
症例報告 外傷により不全四肢麻痺を呈した一症例 後藤純子 2006 18巻/2号 70
pageto